出版物リスト(学術誌等)

Pocket
LINEで送る


総説・解説・展望

2016

  • 上田 隆一:
    “確率ロボティクスの歩みと将来展望,”
    システム/制御/情報, Vol. 60, No. 12, pp. 503-508, 2016.

2014

  • 上田 隆一:
    “Shellshockの顛末書,”
    情報処理, vol. 55, no. 12, pp. 1320-1323, 2014.

2011

  • 上田 隆一:
    “確率ロボティクスの展望,”
    日本ロボット学会誌, vol. 29, no. 5, pp. 404-407, 2011.

投稿論文

2016

  • S. Hoshino, T. Ishiwata, R. Ueda: Optimal Patrolling Methodology of Mobile Robot for Unknown Visitors, Advanced Robotics, Vol. 30, No. 16, pp. 1072-1085, 2016. doi: 10.1080/01691864.2016.1192064
  • Ryuichi Ueda: Small Implementation of Decision Making Policy for the Height Task of the Acrobot, Advanced Robotics, Vol. 30, No. 11-12, pp. 744-757, 2016. doi: 10.1080/01691864.2016.1159980 (link)

2015

2010

  • A. Pretto, E. Menegatti, Y. Jitsukawa, R. Ueda, and T. Arai:
    “Image similarity based on Discrete Wavelet Transform for robots with low-computational resources, Robotics and Autonomous Systems,” 58(7), 879-888, 2010.

2009

  • 実川達明, 上田隆一, 新井民夫:
    “サンプリング実時間Q-MDP法—不完全な観測に基づき実時間行動する自律サッカーロボットへの適用,”
    日本ロボット学会誌, vol. 27, no. 1, pp. 71-78, 2009.

 

2008

  • 大隅久,神谷昌吾,長谷川悠史,梅田和昇,上田隆一, 新井民夫:
    “四足ロボットの最短時間制御,”
    日本機械学会論文集(C編), vol. 74, no. 742C, pp. 1501-1507, 2008.

 

2007

  • 上田隆一, 新井民夫:
    “パーティクルフィルタとQ-MDP法による状態推定の不確かさを考慮した自律ロボットの実時間行動決定,”
    日本ロボット学会誌, vol. 25, no. 1, pp. 103-112, 2007.

 

2005

  • 上田隆一, 深瀬武, 小林祐一, 新井民夫, 神谷昌吾:
    “ベクトル量子化による決定論的方策地図の不可逆圧縮,”
    日本ロボット学会誌, vol. 23, no. 1, pp. 104-112, 2005.

 

  • 上田隆一, 新井民夫, 浅沼和範, 梅田和昇, 大隅久:
    “パーティクルフィルタを利用した自己位置推定に生じる致命的な推定誤りからの回復法,”
    日本ロボット学会誌, vol. 23, no. 4, pp. 466-473, 2005.

 

  • 梅田和昇, 浅沼和範, 菊地敏文, 上田隆一, 大隅 久, 新井民夫:
    “カメラ特性を考慮した複数自律移動ロボットのための環境・計測シミュレータの開発,”
    日本ロボット学会誌, vol. 23, no. 7, pp. 878-885, 2005.

 

2003

  • 小林 祐一, 深瀬 武, 上田 隆一, 湯浅 秀男, 新井 民夫:
    “実時間性と観測コストを考慮した四脚ロボットのサッカー行動設計,”
    日本ロボット学会誌, vol. 21, no. 7, pp. 802-810, 2003.

 

ご招待を受けた学術講演等

  • 上田隆一: パーティクルフィルタの癖から知るロボットへの確率的手法の正しい適用方法, 第58回システム制御情報学会研究発表講演会(チュートリアル講演), 2014.

査読つき講演論文

2016

  • Ryuichi Ueda, Kotaro Mizuta, Hiroshi Yamakawa and Hiroyuki Okada: Particle Filter on Episode for Learning Decision Making Rule, Proc. of The 14th International Conference on Intelligent Autonomous Systems (IAS-14), Shanghai, July, 2016.

2015

  • Yukiko Nakagawa, Masatake Aoki, Shunsuke Sakura, Noriaki Nakagawa, Ryuichi Ueda, and Amy Eguchi: “Raspberry Pi Mouse: A Micromouse with Full Linux Environment,” Proceedings of the 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), pp.14-15, Tokyo, Japan, December 5-8, 2015.

2014

  • Ryuichi UEDA: Generation of Search Behavior by a Modification of Q-MDP Value Method, IAS-13, 2014.

2009

  • Ryuichi Ueda, Stefanos Nikolaidis, Akinobu Hayashi, and Tamio Arai:
    “Global Pose Estimation of Multiple Cameras with Particle Filters,”
    Distributed Autonomous Robotic Systems 8, pp. 73–82, Springer Berlin Heidelberg, 2009.

 

2008

  • 山野辺夏樹,藤井浩光,新井民夫,上田隆一:
    “複数の行動則を利用したクラッチ嵌合作業の動作生成,”
    第13回ロボティクスシンポジア予稿集, pp. 307-312, 2008.

 

  • Ryuichi Ueda and Tamio Arai:
    “Dynamic Programming for Global Control of The Acrobot and Its Chaotic Aspect,”
    Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 2416-2422, 2008.

    • 訂正:何を間違ったかトルクの単位を[N]にしてしました.[Nm]に訂正お願いします.計算結果には関係ありません.

 

  • Ryuichi Ueda:
    “Comparison of Data Amount for Representing Decision Making Policy,”
    Intelligent Autonomous Systems 10: IAS-10, pp. 26-35, IOS Press, 2008.

 

  • Keisuke Kobayashi, Ryuichi Ueda, and Tamio Arai:
    “Cooperative Behavior of Multiple Robots by Chain of Monolithic Policies for Two Robots,”
    Intelligent Autonomous Systems 10: IAS-10, pp. 202-210, IOS Press, 2008.

 

  • Natsuki Yamanobe, Hiromitsu Fujii, Tamio Arai, and Ryuichi Ueda:
    “Motion Generation for Clutch Assembly by Integration of Multiple Existing Policies,”
    2008 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp. 3218-3223, 2008.

 

  • Stefanos Nikolaidis, Ryuichi Ueda, Akinobu Hayashi, Tamio Arai:
    “Optimal Camera Placement Considering Mobile Robot Trajectory,”
    IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, 2008.

 

2007

  • 実川達明,上田隆一,新井民夫,竹下和孝, 長谷川悠史, 加瀬翔太,奥隅隆,梅田和昇,大隅久:
    “サンプリング実時間Q-MDP法を用いた自律ロボットの行動決定,”
    第12回ロボティクスシンポジア予稿集, pp. 400-405, 2007.

 

  • 奥隅隆, 梅田和昇, 大隅久, 上田隆一, 新井民夫:
    “照明環境の変化にロバストな実時間色認識手法の開発,”
    第12回ロボティクスシンポジア予稿集, pp. 246-251, 2007.

 

  • 長谷川悠史, 大隅 久, 梅田 和昇, 上田 隆一, 新井 民夫:
    “胴体部姿勢を考慮した四足歩行ロボットの最短時間制御,”
    第12回ロボティクスシンポジア予稿集, pp. 516-521, 2007.

 

  • Ryuichi Ueda, Kohei Sakamoto, Kazutaka Takeshita and Tamio Arai:
    “Dynamic Programming for Creating Cooperative Behavior of Two Soccer Robots –Part 1: Computation of State-Action Map,”
    Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 1-7, 2007.

    • 直前に骨折して行けなかったのですが,さるお方に代理発表していただけました.御礼申し上げます.

 

  • Alberto Pretto, Emanuele Menegatti, Enrico Pagello, Yoshiaki Jitsukawa, Ryuichi Ueda, and Tamio Arai:
    “Toward image-based localizationfor AIBO using wavelet transform,”
    R. Basili and M.T. Pazienza (Eds.): AI*IA 2007: Artificial Intelligence and Human-Oriented Computing, pp. 831-838, 2007.

 

  • Yoshiaki Jitsukawa, Ryuichi Ueda, Tamio Arai, Kazutaka Takeshita, Yuji Hasegawa, Shota Kase, Takashi Okuzumi, Kazunori Umeda, and Hisashi Osumi:
    “Fast Decision Making of Autonomous Robot under Dynamic Environment by Sampling Real-Time Q-MDP Value Method,”
    Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp. 1644-1650, 2007.

 

  • Prachya KAMOL, Stefanos NIKOLAIDIS, Ryuichi UEDA, and Tamio ARAI:
    “RFID Based Object Localization System using Ceiling Cameras with Particle Filter,”
    Proc. of The 2nd International Symposium on Smart Home (SH’07), 2007.

 

2006

  • Kazutaka TAKESHITA, Ryuichi UEDA, and Tamio ARAI:
    “Fast Vector Quantization for State-Action Map Compression,”
    Intelligent Autonomous Systems 9, pp. 694-701, 2006.

 

  • Hisashi Osumi, Shogo Kamiya, Hirokazu Kato, Kazunori Umeda, Ryuichi Ueda, and Tamio Arai:
    “Time Optimal Control for Quadruped Walking Robots,”
    Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 1102-1108, 2006.

 

  • 山野辺夏樹,新井民夫,上田隆一:
    “適用条件の不確実さや相互に競合が存在する複数ルールの統合による動作設計,”
    第11回 ロボティクスシンポジア予稿集, pp. 234-239, 2006.

 

  • Toshifumi Kikuchi, Kazunori Umeda, Ryuichi Ueda, Yoshiaki Jitsukawa, Hisashi Osumi, and Tamio Arai:
    “Improvement of Color Recognition Using Colored Objects,”
    A. Bredenfeld et al. (Eds.): RoboCup 2005, pp. 537-544, 2006.

 

  • Ryuichi Ueda, Tamio Arai, and Kojiro Matsushita:
    “Creation and Compression of Global Control Policy for Swinging up Control of the Acrobot,”
    Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp. 2557-2562, 2006.

 

  • Natsuki Yamanobe, Tamio Arai, Ryuichi Ueda:
    “Robot Motion Planning by Reusing Multiple Knowledge under Uncertain Conditions,”
    Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp. 2232-2237, 2006.

 

  • Natsuki YAMANOBE, Koki KAKAMU, Tamio ARAI, Ryuichi UEDA, Atsushi WATANABE, Tetsuaki KATO, Koji NISHI:
    “Task Allocation for Multi-robot Handling System in Reduced State Space,”
    Proc. of CIRP International Seminar on Assembly Systems (ISAS 2006), 2006.

 

2005

  • Ryuichi Ueda, Tamio Arai, Kohei Sakamoto, Yoshiaki Jitsukawa, Kazunori Umeda, Hisashi Osumi, Toshifumi Kikuchi and Masaki Komura:
    “Real-Time Decision Making with State-Value Function under Uncertainty of State Estimation –Evaluation with Local Maxima and Discontinuity,”
    Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 3475-3480, 2005.

 

  • Ryuichi Ueda, Tamio Arai, and Kazutaka Takeshita:
    “Vector Quantization for State-Action Map Compression –Comparison with Coarse Discretization Techniques and Efficiency Enhancement,”
    Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp. 166-171, 2005.

    • 中部電力基礎技術研究所 国際交流援助を受け渡航

 

  • Yoshiaki Jitsukawa, Ryuichi Ueda, Tamio Arai, Toshifumi Kikuchi, and Kazunori Umeda:
    “An Object Recognition method using Fuzzy Color Classification,”
    36th International Symposium on Robotics (ISR), 2005.

 

2004

  • Kazunori ASANUMA, Kazunori UMEDA, Ryuichi UEDA and Tamio ARAI:
    “Development of a Simulator of Environment and Measurement for Autonomous Mobile Robots Considering Camera Characteristics,”
    Daniel Polani, et al. (Eds.), RoboCup 2003: Robot Soccer World Cup VII, pp. 446-457, 2004.

 

  • Ryuichi Ueda, Toshio Moriya, Trevai Chomchana, and Tamio Arai:
    “Mobile Robot Control for Composition of Seamless and High-resolution Images in Library,”
    IS&T/SPIE’s 16th Annual Symposium on Electronic Imaging, pp. 254-261, 2004.

 

  • Chomchana Trevai, Ryuichi Ueda, Toshio Moriya, and Tamio Arai:
    “Integration of Monte Carlo Localization Method for Mobile Robot with Sonar Array,”
    Intelligent Autonomous Systems 8, pp. 1088-1095, 2004.

 

  • 浅沼和範, 菊地敏文, 梅田和昇, 大隅 久, 上田隆一, 新井民夫:
    “カメラ特性を考慮した自律移動ロボットのための環境・計測シミュレータの開発,”
    第9回ロボティクスシンポジア予稿集, pp. 300-305, 2004.

 

  • Ryuichi Ueda and Tamio Arai:
    “Value Iteration Under the Constraint of Vector Quantization for Improving Compressed State-Action Maps,”
    Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 4771-4776, 2004.

    • 井上科学振興財団から国際研究集会出席旅費を受け渡航

 

  • Ryuichi UEDA, Tamio ARAI and Kohei SAKAMOTO, Toshifumi KIKUCHI and Shogo KAMIYA:
    “Expansion Resetting for Recovery from Fatal Error in Monte Carlo Localization –Comparison with Sensor Resetting Methods,”
    Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp. 2481-2486, 2004.

 

2003

  • Takeshi Fukase, Yuichi Kobayashi, Ryuichi Ueda, Takanobu Kawabe and Tamio Arai:
    “Real-time Decision Making under Uncertainty of Self-Localization Results,”
    Gal A. Kaminka, et al. (Eds.) RoboCup 2002: Robot Soccer World Cup VI, pp. 375-383, 2003.

 

  • 上田 隆一, 深瀬武, 小林祐一, 新井民夫:
    “ベクトル量子化による状態・行動地図の圧縮,”
    第8回ロボティクス・シンポジア予稿集, pp. 445-450, 2003.

 

  • Ryuichi Ueda, Takeshi FUKASE, Yuichi KOBAYASHI and Tamio ARAI:
    “Vector Quantization for State-Action Map Compression,”
    Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 2356-2361, 2003.

    • 情報科学国際交流財団から研究者海外派遣助成を受け渡航

 

  • Chomchana Trevai, Ryuichi Ueda, Toshio Moriya and Tamio Arai:
    “Mobile Robot System for Composition of Seamless and High Resolution Images -Mobile Robot Localization and Map Building,”
    Proc. of IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, pp. 1822-1827, 2003.

 

  • Ryuichi Ueda, Tamio Arai, Kazunori Asanuma, Shogo Kamiya, Toshifumi Kikuchi, Kazunori Umeda:
    “Mobile Robot Navigation based on Expected State Value under Uncertainty of Self-localization,”
    Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp. 473-478, 2003.

    • 三豊科学技術振興協会から国際交流助成を受け渡航

 

2002

  • Takeshi Fukase, Masahiro Yokoi, Yuichi Kobayashi, Ryuichi Ueda, Hideo Yuasa and Tamio Arai:
    “Quadruped Robot Navigation Considering the Observational Cost,”
    Andreas Birk, Silvia Coradeschi and Satoshi Tadokoro (Eds.), RoboCup 2001: Robot Soccer World Cup V, pp. 350-355, 2002.

 

  • Ryuichi Ueda, Takeshi Fukase, Yuichi Kobayashi, Tamio Arai, Hideo Yuasa, and Jun Ota:
    “Uniform Monte Carlo Localization – Fast and Robust Self-localization Method for Mobile Robots,”
    Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 1353-1358, 2002.

 

口頭発表

2017

  • 瀬戸 悠介, 米田 完: 4脚歩行ロボットにおける荒地走破性能の評価方法の提案, 第35回 日本ロボット学会学術講演会, RSJ2017AC3L3-02, 川越, 2017.
  • 加藤 正紘, 上田 隆一, 岡﨑 亮: 教示のためのエピソード上のパーティクルフィルタの応用 —人間の操縦で得られた移動ロボットの経路選択の再現, 第35回 日本ロボット学会学術講演会, RSJ20173I2-03, 川越, 2017.
  • 上田 隆一: 教示のためのエピソード上のパーティクルフィルタ, 第35回 日本ロボット学会学術講演会, RSJ20172I2-01, 川越, 2017.

2016

  • 夏迫 和也, 井上 裕文, 寺戸 翔太朗, 天野 達也, 久保田 健太, 後藤 大輝, 塩谷 椎名, 嶋村 駿, 長島 貴之, 上田 隆一, 林原 靖男: つくばチャレンジ 2016 に おける千葉工業大学ロボット設計 制御研究室の取り組み, 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会予稿集, pp.99-104, 札幌, 2016.
  • 井上 裕文, 上田 隆一, 林原 靖男: 高低差格子地図を用いた移動 ロボットの自己位置推定, 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会予稿集, pp.2676-2679, 札幌, 2016. 
  • 平間 翔大, 中川 友紀子, 中川 範晃, 上田 隆一: 力制御マニピュレータによ る食品の操作 —深層学習による不定形な揚げ物の検出, 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会予稿集, pp.2478-2481, 札幌, 2016. 
  • 寺戸 翔太朗, 井上 裕文, 上田 隆一, 林原 靖男: 環境地図に基づくロボットの 特性を考慮した経路生成に関する 研究,第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会予稿集, pp.2697-2700, 札幌, 2016. 
  • 伊藤 駿, 王 志東, 上田 隆一: 屋内での人間及び動的物体の 移動情報に基づいた移動ロボット の大域経路計画器, 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会予稿集, pp.2701-2703, 札幌, 2016. 
  • 上田 隆一, 中川 友紀子, 青木 政武, 中川 範晃: Raspberry Pi Mouse —プラットフォームロボット教材のリソース蓄積と講習会の展開, 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会予稿集, pp.2195-2196, 札幌, 2016. 
  • 星野智史, 石渡貴仁, 上田隆一: ベイズ学習と価値反復法に基づいた警備ロボットの最適巡視, 第34回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2016AC3G2-06, 2016.

2015

  • 中川友紀子, 青木政武, 佐倉俊佑, 中川範晃, 上田隆一: “Raspberry Pi マウス —Linux 環境でプログラミング可能なロボット教材の開発,” 第16回システムインテグレーション部門講演会 (SI2015), pp. 1854-1855, 2015.

 

  • 上田隆一, 水田恒太郎, 山川宏, 岡田浩之:
    “エピソード上のパーティクルフィルタによる齧歯類の迷路学習のシミュレーション,”
    第33回日本ロボット学会学術講演会, 2015.

 

 

2014

  • 上田隆一:
    “タスクの到達度予測による信念状態の評価,”
    第26回自律分散システムシンポジウム, pp. 2A1-1, 2014.

 

2008

  • 上田隆一,小林佳祐,新井民夫:
    “価値反復による2台のサッカーロボットの協調動作計画 ―30億状態を有する状態行動地図の生成と評価,”
    自律分散システムシンポジウム, pp. 229-234, 2008.

 

  • 林昭伸,Brian Sa,上田隆一,新井民夫:
    “中心窩レンズカメラのキャリブレーション,”
    精密工学会春季大会学術講演会, pp. H62, 2008.

 

  • 小林佳祐,上田隆一,新井民夫:
    “二台用最適方策を用いた複数ロボットの協調行動,”
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2008)講演論文集, pp. 2A1-G17, 2008.

 

  • 長谷川 悠史, 大隅久, 石橋武則, 梅田和昇, 上田隆一, 新井 民夫:
    “トルク配分を考慮した四脚歩行ロボットの最短時間制御,”
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2008)講演論文集, pp. 1A1-E05, 2008.

 

  • 上田 隆一, Nikolaidis Stefanos, 林 昭伸, 新井 民夫:
    “パーティクルフィルタによる複数カメラの位置姿勢推定 -実環境で得られたデータによる検証,”
    日本ロボット学会学術講演会論文集, pp. 1L2-07, 2008.

 

  • 林 昭伸, Nikolaidis Stefanos, 上田 隆一, 新井 民夫:
    “7自由度移動マニピュレータによるドア開け作業のための最適位置計画,”
    日本ロボット学会学術講演会論文集, pp. 3E3-04, 2008.

 

2007

  • 上田隆一,新井民夫:
    “ベクトル量子化状態行動地図からの行動ルールの理解,”
    日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp. ID37, 2007.

 

  • Kamol Prachya, Nikolaidis Stefanos, 新井民夫, 上田隆一:
    “RFID and Camera Based Object Localization System using Particle Filter,”
    日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp. 1I16, 2007.

 

  • 上田隆一,ステファノス・ニコライディス,プラキア・カモル,林 昭伸,新井民夫:
    “パーティクルフィルタによる複数カメラの位置姿勢推定 —シミュレーションによる検証,”
    計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会, pp. 321-326, 2007.

 

2006

  • 各務 幸樹,山野辺 夏樹,新井 民夫,上田 隆一,渡辺 淳,加藤 哲朗,西 浩次:
    “行動コストの変化を考慮したハンドリング作業のタスク割当問題,”
    精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 841-842, 2006.

 

  • 各務 幸樹,山野辺 夏樹,新井 民夫,上田 隆一,渡辺 淳,加藤 哲朗,西 浩次:
    “ハンドリング作業ロボットの熱疲労を抑制するための行動計画,”
    精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 845-846, 2006.

 

  • 長谷川 悠史, 神谷 昌吾, 加藤 博章, 大隅 久, 梅田 和昇, 上田 隆一, 新井 民夫:
    “四足歩行ロボットの最短時間制御,”
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2006)講演論文集, pp. 2P1-B09, 2006.

 

  • 上田 隆一, 新井 民夫, 松下 光次郎:
    “アクロボットの振り上げのための状態行動地図の作成と圧縮,”
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2006)講演論文集, pp. 2P1-B39, 2006.

 

  • 加瀬 翔太, 上田 隆一, 梅田 和昇, 大隅 久, 新井 民夫:
    “ロボカップ4足ロボットリーグにおけるライン情報による自己位置同定,”
    映像情報メディア学会メディア工学研究会8月研究会, 群馬, 2006.

 

  • 上田隆一, 坂本浩平, 新井民夫:
    “サッカーロボットの協調行動の計画と状態行動地図の圧縮,”
    日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp. 2I15, 2006.

 

  • 加瀬 翔太, 上田 隆一, 梅田 和昇, 大隅 久, 新井 民夫:
    “ライン情報による移動ロボットのモンテカルロ自己位置同定,”
    第7回計測自動制御学会 (SICE) システムインテグレーション部門講演会, pp. 922-923, 2006.

 

2005

  • 実川達明, 菊地敏文, 上田隆一, 新井民夫, 梅田和昇:
    “大きな照明条件変動に対応するファジィ色分類を用いたカラーボール認識手法の開発,”
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2005), 神戸, 2005.

 

  • 竹下和孝, 上田隆一, 新井民夫, 実川達明, 坂本浩平:
    “ベクトル量子化を用いた状態行動地図圧縮のための高速なクラスタリングアルゴリズム,”
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2005), 神戸, 2005.

 

  • 白井真介, 上田隆一, 梅田和昇, 大隅久, 新井民夫:
    “ロボカップ4足ロボットリーグにおける白線情報による自己位置同定,”
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2005), 神戸, 2005.

 

  • 上田隆一, 新井民夫, 坂本浩平, 実川達明, 竹下和孝, 梅田和昇, 大隅久, 菊地敏文, 小村正樹:
    “状態行動地図のためのベクトル量子化手法の圧縮率向上,”
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2005), 神戸, 2005.

 

  • 坂本 浩平, 上田 隆一, 新井 民夫, 実川 達明, 竹下 和孝:
    “動的計画法を用いた協調行動の計画,”
    日本ロボット学会学術講演会, 神奈川, 2005.

 

  • 山野辺 夏樹, 新井 民夫, 上田 隆一:
    “タスク達成に有効な複数の独立ルールの統合によるロボットの動作計画,”
    日本ロボット学会学術講演会, 神奈川, 2005.

 

  • 上田 隆一, 新井 民夫, 坂本 浩平, 実川 達明, 竹下 和孝, 梅田 和昇, 大隅 久, 小村 正樹一:
    “状態推定の不確かさを考慮した実時間行動決定,”
    日本ロボット学会学術講演会, 神奈川, 2005.

 

2004

  • 上田隆一, 新井民夫, 坂本浩平, 実川達明, 梅田和昇, 大隅久, 菊地敏文, 小村正樹:
    “モンテカルロ・ローカライゼーションのための複合リセット法,”
    日本ロボット学会学術講演会, 岐阜, 2004.

 

  • 上田隆一, 新井民夫, 坂本浩平, 竹下和孝:
    “ベクトル量子化で圧縮された状態・行動地図のための価値反復,”
    日本ロボット学会学術講演会, 岐阜, 2004.

 

2003

  • 上田 隆一, トリワイ チョンチャナ, 守屋 俊夫, 新井 民夫:
    “移動ロボットによる広域シームレス映像の取得 – 直線マーカを利用したモザイキングとスーパーレゾリューション,”
    精密工学会春季講演会, 東京, 2003.

 

  • トリワイ チョンチャナ, 上田 隆一, 守屋 俊夫, 新井 民夫:
    “移動ロボットによる広域シームレス映像の取得 – 移動ロボットの作業領域における自己位置同定,”
    精密工学会春季講演会, 東京, 2003.

 

  • 上田 隆一, 新井 民夫, 坂本 浩平, 神谷 昌吾, 菊地敏文:
    “移動ロボットの自己位置推定における推定の誤りからの回復法,”
    日本ロボット学会学術講演会, 東京, 2003.

 

  • 上田 隆一, 守屋 俊夫, トリワイ チョンチャナ, 新井 民夫:
    “棚板上にある物体のモザイク映像作成のための移動ロボット制御,”
    第4回 SICE SI部門講演会(SI2003), pp. 1082-1083, 2003.

 

2001

  • 上田 隆一, 小林 祐一, 横井 真浩, 深瀬 武, 湯浅 秀男, 新井 民夫:
    “四脚ロボットにおけるMonte Carlo Localizationに基づく環境認識,”
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC01), pp. 2A1-J2, 2001.

 

  • 上田 隆一, 小林 祐一, 深瀬 武, 新井 民夫, 湯浅 秀男, 太田 順:
    “一様分布に基づく高速モンテカルロ自己位置同定,”
    日本ロボット学会学術講演会, 東京, 2001.

 

学位論文

  • 四脚ロボットによるサッカー行動生成のための局所環境認識,
    平成12年度東京大学精密機械工学科卒業論文, 2001.
  • 実世界における移動ロボットのための環境の変化に強い自己位置推定と行動決定,
    平成14年度東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻修士論文, 2003.
  • State-Action Map Compression by using Vector Quantization for Decision Making of Autonomous Robots,
    Ph. D. Thesis, University of Tokyo, 2007.

紀要

    • 上田隆一: シェルに代わりうるデータ処理のためのグルー言語開発,
      産業技術大学院大学紀要, 第8号, pp. 39-46, 2014.

 

新聞記事

    • 広域の高精細画像 移動ロボで自動撮影 日立が新技術,
      日刊工業新聞, 2003年9月23日1面.

 

    • もう一つのドイツW杯 ロボカップ世界大会,
      日刊工業新聞, 2006年1月4日24面.

 

    • もう一つのドイツW杯 ロボカップ世界大会開幕,
      日刊工業新聞, 2006年6月15日29面.

 

    • マジックショー AIBOも登場 今日から沼津でイベント,
      静岡新聞, 2008年3月22日23面.

 

    • AIBOを使いマジックショー 沼津、ロボカップ宣伝,
      毎日新聞(静岡東部版), 2008年3月23日28面.

 

    • アイボ サイン会 沼津・ロボカップをPR,
      読売新聞(静岡東部・伊豆版), 2008年3月23日35面.

 

    • 沼津でロボカップジャパン 「アイボ」に熱視線 来場者、最新技術を体感,
      静岡新聞(伊豆・東部版), 2008年5月4日17面.

 

Pocket
LINEで送る