今日のGlueLang開発日誌(シグナル処理、whereでの条件指定等)

Pocket
LINEで送る

今週末も時間をやりくりしながらGlueLangの開発を進めました。昨日の作業に加え、今日はシグナル処理を改善して、中間ファイルと作業ディレクトリが残らないようにしました。ただ、何でちゃんと動くのか分からないという有様なので、dashのコードを読んでちゃんと勉強せんといかんなあと思います。

あと、2月末にとうとうお披露目のプレゼンをするかもしれないので、次のような機能をデモ程度に実装しました。

stringにaaaaaaaaaaaaaaaa…という文字列を代入するというコードですが、whereに「この変数hogeには10文字以上の文字列を入れてはいけない」という条件を書いています。

このコード、次の実行結果のようになります。今のところ。

とにかく業務用のコードを書くとチェックのコードだらけになってコードの本筋が見えなくなるので、whereの下に押し込んでしまえという試みです。

「cond hoge : length < 10」という書き方も洗練されていなければ、「length <」以外の条件もまだ使えないのですが、コンセプトとしてどうでしょうか? しかし、チェックはコマンド等でも行えるので、どうやって住み分けするか、という課題はあるかもしれません。 それではまた来週末。 寝る。

Pocket
LINEで送る