【本番資料】第10回シェル芸勉強会

Pocket
LINEで送る

他の回の問題はこちら

シェル芸勉強会スライド一覧

イントロ

環境

Linuxで解答を作ったのでMacな方は次のようにコマンドの読み替えを。

Mac,BSD系 Linux
gdate date
gsed sed
tail -r tac
gtr tr
gfold fold

Q1

次の数字の列を足し算してください。(できる人はなるべく変態的に)

$ echo 2 5 9 8 1 3 7 4
2 5 9 8 1 3 7 4

A1

$ echo 2 5 9 8 1 3 7 4 | tr ' ' '+' | bc
39
$ echo 2 5 9 8 1 3 7 4 | awk '{for(i=1;i<=NF;i++){a+=$i}}END{print a}'
39
$ echo 2 5 9 8 1 3 7 4 | tr ' ' '\n' | awk '{a+=$1}END{print a}'
39
###Tukubai###
$ echo 2 5 9 8 1 3 7 4 | ysum
2 5 9 8 1 3 7 4 39

Q2

スペースと数字と改行を使って次のようなファイルを作り、書いた数を足し算してください。

$ cat nums 
        1

2 3          
         4            5
        6    7

8      9

A2

$ cat nums | tr ' ' '\n' | awk 'NF==1' | awk '{a+=$1}END{print a}'
45
ueda@remote:~$ cat nums | xargs | tr ' ' '+' | bc
45
ueda@remote:~$ cat nums | xargs | ysum
1 2 3 4 5 6 7 8 9 45

Q3

文字数を数えてください。改行記号は数えないでください。

ueda@remote:~$ cat genkou
筆者は朝、目玉焼きを食べた。
昼、著者は卵がけごはんを食べた。
そして夜、著者はマンハッタンの夜景を
見ながらゆで玉子を食べた。

A3

(注意:ロケールで出力が違うことがあります。)

###これはNG###
ueda@remote:~$ wc -m genkou
65 genkou
ueda@remote:~$ cat genkou | tr -d '\n' | wc -m
61
ueda@remote:~$ sed 's/./&\n/g' genkou | awk 'NF==1' | wc -l
61
ueda@remote:~$ cat genkou | awk '{a+=length($1)}END{print a}'
61

Q4

次のようなファイルを作り、ファイルの中に三個存在する文字を出力してください。

ueda@remote:~$ cat hoge
aabbcdabbcccdd

A4

ueda@remote:~$ cat hoge | sed 's/./&\n/g' | awk 'NF==1' |
 sort | uniq -c | awk '$1==3{print $2}'
a
d
ueda@remote:~$ cat hoge | sed 's/./&\n/g' | sort |
 awk 'NF==1' | count 1 1 | awk '$2==3{print $1}'
a
d
ueda@remote:~$ cat hoge | sed 's/./& /g' |
 awk '{for(i=1;i<=NF;i++){x[$i]++};for(k in x){print k,x[k]}}' |
 awk '$2==3{print $1}'
a
d

Q5

次のようなファイル、ディレクトリを作ってください。そして、file1, file2, file3をカレントディレクトリに移動してください。

$ mkdir -p a/b/c
$ touch a/file1 a/b/file2 a/b/c/file3
$ tree
.
└── a
    ├── b
    │   ├── c
    │   │   └── file3
    │   └── file2
    └── file1

3 directories, 3 files

A5

$ find . -type f | while read f ; do mv $f ./ ; done
$ tree
.
├── a
│   └── b
│       └── c
├── file1
├── file2
└── file3

3 directories, 3 files
###別解###
$ find . -type f | xargs -I@ mv @ ./

Q6

次のようにファイルとディレクトリを作り、hogeと書いてあるファイルをディレクトリa、
それ以外のファイルをディレクトリbに振り分けてください。

$ echo hoge > file1
$ echo huge > file2
$ echo hoge > file3
$ echo hoge > file4
$ mkdir a b

A6

###2ライナーで###
$ ls file* | while read f ; do grep -q hoge $f && mv $f ./a ; done
$ ls file* | while read f ; do grep -qv hoge $f && mv $f ./b ; done
###エクストリームな方法###
$ ls file* | while read f ;¥
 do grep -q hoge $f && mv $f ./a || mv $f ./b ; done
$ tree
.
├── a
│   ├── file1
│   ├── file3
│   └── file4
└── b
    └── file2

2 directories, 4 files
$ for f in file* ; do grep -q hoge $f && mv $f ./a || mv $f ./b ; done

Q7

以下の9つのファイルについて、二つのファイルの組み合わせを全て列挙してください。ただし、重複してはいけません。

uedambp:~ ueda$ touch file{1..9}
uedambp:~ ueda$ ls file{1..9}
file1  file2  file3  file4  file5  file6  file7  file8  file9

出力例

file1 file2
file1 file3
file1 file4
file1 file5
file1 file6
file1 file7
file1 file8
file1 file9
file2 file3       <- file2 file1 の組み合わせは既出なので出力しない
file2 file4
file2 file5
file2 file6
...

A7

$ ls | while read f ; do echo $f file* ; done | awk '{for(i=2;i<=NF;i++){print $1,$i}}' | sort | awk '$1<$2'
###別解1###
$ echo file{1..9} | awk '{for(i=1;i<=9;i++){for(j=i+1;j<=9;j++){{print $i,$j}}}}' 
###別解2###
ueda@remote:~$ echo file{1..9} | awk '{for(i=1;i<=9;i++){for(j=1;j<=9;j++){{print $i,$j}}}}' | awk '$1<$2'
###ツーライナーになるが・・・###
ueda@remote:~$ ls file{1..9} > hoge
ueda@remote:~$ loopx hoge hoge | awk '$1<$2'

Q8

0から999999までの数字の一様乱数を無限に出力し続けてください。

A8

ueda@remote:~$ cat /dev/urandom | tr -dc '0-9' | fold -b6 | sed 's/^0*//'
###Macだとgtrとgfoldを使わないとコケる###
uedambp:~ ueda$ cat /dev/urandom | gtr -dc '0-9' | gfold -b6 | sed 's/^0*//'

Pocket
LINEで送る