議論を制御する

Pocket
LINEで送る

なにか議論があったとき、どっちが正しいかどうかということが争点になりがちです。

が、「正しい議論」が、当事者に有益かどうかは話が別です。議論の結果、では戦争しかないねという結論もあるわけで。

普通の人が議論しても、大抵は重要な前提条件が抜けて、間抜けな答えしか出てこないことの方が多いんじゃないでしょうか。海外のヘンテコな法律を見たら分かります。

こういった問題に対し、多くのプログラマが大好きな論理学や言語学はなにも答えを用意していないのではないかと、以前から考えています。

んで、話し合いや会議、ミーティングは制御工学で扱うのがいいのじゃないのかと最近、考えております。

制御というのは、いろいろ種類がありますが、いずれも「システムを望ましい状態に到達させる」という目的を達成するための学問です。「結局最後にどうなるの?」ということが一番大事なのです。

自分とこちらの世界のインテリの人が話していて議論がかみ合わないのは、わたくしが制御の頭を持っているからかもしれません。

いや、単にわたくしの頭が退化しているだけですが。

この話題、個人的にかなりホットな話題なので、また頁を改めて・・・

続く。

Pocket
LINEで送る