Structure and Interpretation of Computer Programs読書会2回目メモ書き

Pocket
LINEで送る

昨日(2013年8月28日)開催しました@AIIT。本編というより、雑談メモ。

次回は1.2 “Procedures and the Processes They Generate”から。

  • sicpを「シクピー」と呼ぶ一派がいる。
  • ニュートンラプソン法について、ど忘れしていた。説明できない。
  • 束縛変数、自由変数の区別をつけましょう。
  • C言語で関数の中に関数を書けるようになったのは、C++からの悪癖の移植。
  • 読書会後に食べた餃子うまかった。
  • (か)殿、夜中にもかかわらず顔出してくれて有り難うございます。ご足労かけました。
  • 読書会前にいらっしゃった御大、ありがとうございました。当面、物書きの仕事しかなく時間には自由が利くので、また遊びにいらっしゃってください。

ニュートン・ラプソン法(ニュートン法、ニュートン・ラフソン法)については本日おさらいしました。Wikipediaだと力学系を使って、停留点に点列が収束するかどうかむにゃむにゃと説明。これは力学系を勉強していないと理解できないのではないのか???結局、数列を作って収束するかどうかは運任せの方法なので、仕方が無いか。

Pocket
LINEで送る