雑記(2017年9月24日)

Pocket
LINEで送る

予稿

完成。明日提出。信号処理シンポジウムでのチュートリアル講演の予稿。

依頼されて執筆する予稿は、通常のものと違って意見みたいなものを(主観と断った上で)書いていいものだと思ってそのように書いているが、もしそういうものでなかったらどうしようみたいな不安が拭えず。

研究者というのはそれほど主観というものに恐怖を感じるもので。なので、大学やめて会社員になってライターみたいなことを始めた当初、主観を書くことに規制がゆるい一般向けの執筆が楽しくてしょうがなかったのだが、昔の自分の書き物を読んで泡を吹いて倒れることを繰り返した結果、一般向けでも慎むべきというようにだんだん変わってきた。

しかし、世の中のライターさんや論客さん、そして数年前の自分は勇気がある。

シェル芸人からの挑戦状

11月号の直し(というより加筆)と12月号の担当部分を執筆。11月号の編者は私からぐれさんに交代してて、うまく調整していただいてて大変ありがたい。

その他執筆

某案件で昔書いたものの更新。中でシェルスクリプトを改良して原稿に反映。変態度アップ。

引き受けなければならぬと思って放置している依頼

超多数。

家族サービス

ラゾーナにおいて、イギリスの産んだ鉄道事故と意地悪の頻発する番組である機関車トーマスのトーマスでない何か(我らが川崎球場をフランチャイズとするロッテオリオンズの落合選手と同じ6番)に搭乗。あっという間に200円飲まれる。

こんなクソゆるいことをしでかして錯乱状態になってしまったが、今少し仕事をして落ち着きを取り戻したという状況。この漫画を思い出した。

締め切りが全部片付いたらKindleで買う。締め切りは全部片付かない。

寝る。

Pocket
LINEで送る