jus共催 第30回危念シェル芸勉強会の報告

Pocket
LINEで送る

昨日、2017年8月26日、さくらインターネットさんのセミナールームにて第30回のシェル芸勉強会を開催しました。

共催の日本Unixユーザ会さん、さくらインターネットさん、横田さん、宮川さん、常連さん、初参加の方々、参加されたUSP研究所のお二方、ありがとうございました。

そして、午前の講師の鳥海さん。昼食に行くときに置き去りにして、さらに昼食後も置き去りにし、マルエツで買い物袋を運ばせ、大変失礼いたしました。

今回の傾向

今回は前半がテキストファイルの編集でsedを使う問題が中心、後半がパズルや数学でした。いつもと違うのは、Pandocやhubコマンド、LLの虚数計算などの紹介を入れたことでした。問題を解くときにはこれらのライブラリの存在やオプションを調べ、セットアップするのに時間がかかったかもしれません。

また、どちらかと言うとソフトウェアを消費する側にとどまりがちなシェル芸界隈でも、巨大プロジェクトに成長する可能性が皆無ではないプロジェクトが立ち上がりました。

嘘ですスミマセン!いや、皆無ではない。

リンク集

まとめ

サテライト会場の様子

当日の動画

午前

午後

LT(いろいろ際どかったのでカットされてます)

スライドやブログ

福岡、大阪関係のものは当地にお任せします。

↓午前の鳥海さんのスライド。ツイッターやらない(幻のアカウントは持っている)ので代理で石井さんが投稿。

LTは平均的に危険でした。

↓N氏から発表のあったシェルスクリプト製のライフゲーム

💩

宣伝

シェル芸メンバー(そういう概念はあるのか?)で連載してます。よろしくお願いしまーす。

Pocket
LINEで送る

Software Designで新連載

Pocket
LINEで送る

はじまりました。

全国各地の変態腕利きのワンライナー野郎がSlackに集まって書いてます。

あとの情報は・・・ぜひ本をご購入の上、確かめていただければと。

Pocket
LINEで送る

週末報

Pocket
LINEで送る

日曜夜に週末やったことのまとめをするのが習慣化してきました。

火曜に名古屋で話をするのでスライド

スライドを作っててなんとか完成させました。ファジー学会の第1回「動きの様相から先を読む」研究会(名古屋工業大学にて)という場でお話しさせていただきます。今回は珍しく「貴様の研究について話してよかろう」と言われましたので、自分の昔の研究とか今の研究とかを遠慮なく吐き出します。

簡単な価値反復のサンプル

そろそろ後期の講義の準備に取り掛かろうということで作りました。後期に確率ロボティクスという講義を受け持ってるんですけど、ここ2年、数式を書き殴るだけだったのを反省して、Jupyter notebookベースで講義を進めようと準備しています。

某原稿と某原稿の手直し

世に出るのは8月。

その他

子供が「深海2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~」という特別展に行きたいというので、上野の博物館行ってきました。

こんなのもいました。深いところにいるんですね。別の生物の説明に、これより深いとタンパク質の分子自体が水圧で壊れてしまうと書いてありました。

・・・と書いていて、なんで自分、ロボット屋なのに真っ先にこれ↓を貼らないんだろう、と思って頭に「?」が・・・。URGが四つとアラウンドビューモニター用のカメラが周囲に取り付けられておりました。NISSANとシールが貼ってあってアラウンドビューの画像が映されてました。

うちの子が天井にカメラがあると思って、顔を上に向けて自分の姿を写そうとしてましたが、横についてるカメラを合成して作ってるから上向いてもダメよーと説明しました。違ってたりして。

生物には無駄なものがほとんどないなーなどと、つい見とれてしまいます。そういう意味では、やっぱりロボットを見てるより生物(人間を含む)を見てる方が、自分には幸せなようです。

寝る。

Pocket
LINEで送る

近況: 日経Linux、RoboCup2016(世界大会)出る、投稿論文通った他

Pocket
LINEで送る

おかげさまでいいニュースが多くて忙しくしています。現在は日経Linuxの6月号の原稿と、推薦をもらったので和文の投稿論文を執筆中です。どちらも3/31締め切り。死ぬ。

日経Linux4月号発売

今月の特集は「大門」だそうで、一体何のことでしょうか。都営線の地味な駅のことでしょうか。大門刑事でしょうか。それとも私の実家の方で作っている素麺のことでしょうか。Linuxとの関係は何なのでしょうか。(叱られるぞ。)

ファイル 2016-03-09 22 02 10

何の特集かは商品を手にとって是非ご自身の目でお確かめください。

あ、今月の私の連載は「ジャイロを使って比例制御でロボットをまっすぐ走らせる」です。

別冊も、あまりにもド直球なタイトルですが、中身が気になりますね。

CIT Brains @Homeが世界大会に出場します

私もお菓子配り係として参加している家事ロボット作るぞチーム「CIT Brains @Home」が、結成からわずか4ヶ月で世界大会に出ることになりました。皆様おめでとうございます。今年の世界大会(RoboCup2016)は、6月に東ドイツのライプチヒで行なわれます。秘密警察が怖いですが、西側のお菓子をたくさん持ち込んで民主化の起爆剤にする所存です。とりあえず税関でお菓子に法外な関税をかけられないように注意します。

真面目な話をすると、チームではスポンサーを募集しております。本来ならこちらから回ってお願いすべき話なのですが、万が一ご興味があれば@ryuichiuedaにお知らせくださいませ。家事ロボットは人の声を認識する、腕や台車部分を自動制御する、複数のPCをロボットに載せた状態で安定させて動かす等、様々な技術の検証や統合にとても良い課題です。もちろん、掃除以外もこなすルンバを作るという話ですので、今後の需要も非常に期待できます。チームの結成当初から一緒に戦っていただけるパートナーを探しております。

もちろん、ロボットにステッカーを貼ったりウェブサイトにバナーを貼ったりという、影響力はわずかかもしれませんが直接的な特典も検討いたします。

投稿論文通った

復帰後2本目の投稿論文の採択通知をいただきました。プレプリントをアップしました。こんなやつです。

内容は自分の博士論文を少し進めたもので、でっかいPCで数値計算で求めたロボットの行動規則がでかくてマイコンに載らないのでどうやって圧縮しようかという話です。マイコン制御の倒立振子を作って実機実験をやりたかったのですが、自分に作る腕がないので制御対象はシミュレーションの二重振子になりました。

その他

そろそろ4月のシェル芸勉強会の支度をしないと・・・

寝る。

Pocket
LINEで送る

私の告白付きSoftwareDesign2月号

Pocket
LINEで送る

今日発売のSoftwareDesign、何を間違ったか私、インタビューしていただき、晒されております。恥ずかしい。

恥ずかしいついでに、あんまり人に話すべきでもないことを一つ話しました。自身が知能検査の後、先生に天才という単語と共に結果を告げられたことです。人に話すべきことでもないのですが、ちょうど同時期に同誌で連載されていた清水さんが同じ経験をされていたので(畏れ多く面識はございません)、同じような人のためにやはりどこか目立つところで言っておくべきなんだろうと思っておりました。(ただ、私はもっと数値は低いです。)

天才コンプレックス | shi3zの長文日記

また、自身の能力がどうであろうと、もうこの歳になるとやってきたことベースで評価を受けるので、もうこの苦悩については脱出できているんではないだろうかと実感も持てるようになっており、ちょうど良い時期になったのではないかと。自身のこれまでの仕事っぷりについてはちょっと苦笑いですが・・・。

それと裏返しの話になりますが、まだ若い、現在進行形でそういう経験をしている子というのは、まだ社会に出ているわけではないので業績というものがなく、常に自分の力と周囲の評価のアンバランスに悩んでいます。テストの点なんて、むしろ高いと周囲から反感を買うし、周囲に役にも立たないので、自尊心は満たされません。その結果、割合は少ないかもしれませんが、「周囲や世の中が間違っている」と変な思想に走ったり、また、安易な証明の場所を求めてマスコミの餌食になったりする子がちらほらいるような気がしています。統計を取ってないのであんまり言えないのですが。むしろこれが契機になって統計が取られることを少し希望しております。その点、自分は周囲に四年制大学に行った人のいない超ド田舎暮らしでうんこちんこ言いながらのんびり育ってきたのでまだマシで、変な大人のおもちゃにならずに済んで良かったのだろうなあと。

オウム事件の総括や「(これは勉強に限らずスポーツでも)天才少年/少女」というものがマスコミを賑わす度、世間の言っていることと自分の経験から言える事にギャップがあることにびっくりしているので、もう少し互いに理解が進まないと、みんな幸せになれないのかなあなどと思いを馳せているのですが、思ってるだけだとちっとも理解が進まないので、こうやって歯切れの悪い文章で何となくゴニョゴニョと語り出した次第です。

今日はもうこれで筆をおきますが、現在進行形で苦しんでいる若い人がいたら、その力は自分自身や周囲が楽しむためにあるのであって、必ずしも堅苦しく社会貢献なんて考えなくていいんだと言っておきます。ただ「自分自身と周囲」であることに気をつけて。また、良き理解者がいそうなところを探してみていただければと。

また何か書くかもしれません。

最後に鎌田さん、編集部の皆様ありがとうございました。

寝る。

Pocket
LINEで送る

日記: ロボカップとかシェル芸勉強会とか

Pocket
LINEで送る

ブログは更新してませんが色々やってますので、また協力いただければと。

RobuCupチームの立ち上げ

@Homeリーグに再来年くらい参加できればいいなあ・・・とか考えてたら周りの人がよってたかって手を動かし出して2016年3月のJapanOpenに出ることになりました。

私はおなかの空いた学生と牛丼に行ったりウェブサイトを作ったりして周囲をチョロチョロしております。

ウェブサイトの日本語のページには、まず最初に寄付のページを作りました。このページを見せてたかるご協力を仰ぐ次第です。

12/26にシェル芸勉強会を行います

日本UNIXユーザ会と共催で。よろしくお願いいたします。

タイトルの長さが自慢です。12/26開催。https://usptomo.doorkeeper.jp/events/35131

Posted by 上田 隆一 on 2015年11月28日

最近のプログラミング

CGIで猿回しソフトウェアを書きました。続きは日経Linux2月号で。

本業

激しいです。

Pocket
LINEで送る

日記: 研究室のサイト作った

Pocket
LINEで送る

こんなサイトです。

昔からバイリンガルなサイトは面倒だと思っていたので英語だけ。英語だけにしておいて、あとはSNSや各個人のブログで日本語を書くのがいいのじゃないかと思ったので、そういう運用で。

昔、冗談でARAIBOの某学生氏が作った「mobile erotics lab.」のロゴは、研究室の名前が微妙に違ったのでお蔵入りになりました。移動エロ研究室(携帯エロ研究室かもしれない)は、残念ながら作れなかったよ。ごめんなさいね。

寝る。

Pocket
LINEで送る

そういえば日経Linux8月号が発売されてた

Pocket
LINEで送る

連載で使っているロボットを研究で使おうとしてプログラミングに没頭しており、完全に忘れてました。

連載で使うハードはこちらになります。

今回は距離センサを使う&来月以降のためのソフトウェア環境の整備です。シェルスクリプト多めです。

ぜひ。

寝るっすす。

Pocket
LINEで送る

KEIKYUサウンドがこだまする日経Linuxが明日発売なので連載のチラ見せ

Pocket
LINEで送る

日経Linuxがボチボチ発売です。わてくしの連載もなんとか掲載されております。この記事は宣伝です。ええ、宣伝ですとも。士族の商法じゃないんだから書いたら売らねばならんのです。

今回の部品はこちらから購入できます。在庫アリです。

夜露死苦お願い致しやす。

今月の内容

今月の「Raspberry Piで始めるかんたんロボット製作」(まだタイトルが覚えられない)は、ブザーとモータを動かす内容です。まーだまだロボットを動かすところまで行かないのと、部品代が今回からそこそこ大きくなるのが少し申し訳ないのですが、楽しんでいただければと。

今回の個人的な目玉は、ブザーandシェルスクリプトでKEIKYUです。何のことかわからん人はこれを聞いてください。PCの裏にロボットがいます。

記事にも堂々とKEIKYUと掲載する偉業を果たしました。

  

これでも神奈川県と鉄しか分からんと思いますが、要はブザーで演奏するというか、そういう内容です。ただ、それだと単なる趣味になるのでデバイスファイルに字を叩き込む方法についてつらつら書きました。甚だ簡略ながらPWM(pulse width modulation)もデバイスファイルを使ってやってます。

7月号は他にも役に立つ記事満載なので是非買ってちょんまげ頂きたく候。

昨日こんな有様だったので寝不足でテンション高い。

ちなみに先月が連載第一回だったのでチェックしてなかった方は是非前回からどうぞ。

早いけど寝る。あ、やっぱりもうちょっと起きてます。

Pocket
LINEで送る

お昼休みなのでここでSDさんの暴走を見てみましょう

Pocket
LINEで送る

週末の学会のスライドを作っており、微妙な時間の合間を縫ってお送りいたします・・・

前の時にも言ったかもしれませんが、当方、研究者になってから漫画も小説も読まない、テレビもお笑い以外あんまり見ないため、元ネタがさっぱり分からない状態でいじられており・・・。

ゴモラ  #とは #違う

えーとですね、このイベントのことです。このイベント。宣伝していただいているけど分かりにくい!!!けどありがとうございます。

ということでお願い致します。「欲望」=「本売りたい」と解釈をしてみたりする。

はい。はい。分かりました分かりました。落ち着いて落ち着いて。

ジュンク堂の長田さん、巻き込み事故になりましたが強く生きてくださいませ。

完膚なきまでに元ネタが分からないので何にも言えねえ・・・。とりあえず6/18夜にジュンク堂でイベントやるのでぜひぜひお越しください。

ということで、諸々ありがとうございました。(冷静)

イベントで売りたい本はこちら↓です。

Pocket
LINEで送る